葬儀の準備は抜かりなく|家族でひっそり家族葬

葬儀

ゆったりとした時間

花

家族葬は、家族のみで葬儀を行うことである。通常の葬儀では故人と交流のあった人々や親戚を招いて通夜や告別式を行うが、家族葬ではこれらの人々は招かれないことが一般的である。家族ならびにきわめて近い親戚、友人のみを招くことで、もてなしなどに時間や気を使うことなく、ゆっくりと故人との別れの時間を取ることができる。また、葬儀の規模がきわめて小さいためにかかる費用も少なくなり、費用面から家族葬を選択するケースも見られる。中には、大切な人の葬儀の費用を抑える事に賛成しない人もいるだろう。しかし、多くの人を呼び、お金をかけて葬儀を行う事が全てではない。故人も派手な葬儀を望んでいないかもしれない。故人のことを考え、そして家族の意見を取り入れながら決めていくと良い。

家族葬を行う際には、家族葬に招かない人々への考慮を怠ってはならない。本来は家族のみで行うことが家族葬であるため、葬儀に関する連絡は行わず、家族葬を終えた後に個人の死亡を通達することが一般的である。しかし、「葬儀は家族葬で行う」といった通達を出してしまったために弔問客が訪れてしまい、結果的に家族葬の体をなさないといった事態が発生することもある。滞りなく家族葬を終えた後には、故人の友人や親戚を改めて招いて「故人を偲ぶ会」「お別れの会」などが催されることが多い。これは、葬儀に招かれなかった人々が故人との別れの時間を取るためのものである。きっと故人も安らかに天国へ逝けるはずだ。