葬儀の準備は抜かりなく|家族でひっそり家族葬

葬儀

質の良い墓石

葬儀

墓石とは、墓に立てられる石である。そこに墓があることとその墓が誰のものなのかを示し、同時に仏壇と同様遺族が祈るための場であり対象にもなる。長きにわたり受け継がれ、遺族の祈りの場とするために墓石には耐久性のある素材が用いられる。主に用いられる石材は花崗岩であり、色や模様の美しい花崗岩は墓石の中でも高級品として扱われる。花崗岩はきわめて硬く、内包された鉱物が美しい模様を描くこと、そして磨けば非常に美しい光沢を持つことから、墓石への人気が非常に高い。故人の遺骨を入れておく大切な墓石となるため、費用を惜しまない人は多いだろう。大切なのは、業者選びを誤らないことだ。石材や素材には多くの種類がある。そして、それぞれで出来上がりまでの費用は大きく変わる。信頼できる業者選びに成功すれば、材質の説明もしっかりと行ってくれる上に費用についても相談できるかもしれないのだ。質の高い墓石を費用を抑えて購入することが出来たなら、きっと大満足するだろう。

一般的に「墓石」と呼ばれる部分は、正確には「石塔」と呼ぶ。石塔は4段ほどの石材を重ねて作られており、上に行くほど高さが高く、幅が狭くなっていき、逆三角形に近いシルエットを持つ。石塔の周辺には卒塔婆立て、水鉢、花立、香炉、墓誌、拝石などが配されている。拝石の下に骨壷を安置するカロートが備えられており、ここに火葬を終えた後の遺骨を納骨できるようになっている。また、地面には砂利が敷かれ雑草が生えないよう工夫がされている。