お悔やみの気持ち

「喪中ハガキが届いて、はじめてご縁のあった方が亡くなったことを知った」 皆さんこんな経験したことありませんか?
昔に大変お世話になったのに、年数が経つに連れて疎遠になってしまう人っていらっしゃいますよね。
確かに疎遠にはなっていたけど、その人に対する想いや感謝の念まで消えてしまったわけではありません。知っていたら、葬儀の参列やお香典だって用意したのに思いますよね。
お悔やみの気持ちを伝えたいのは山々だけれど、今さらお香典を送っていいものなのか正直むずかしいものです。喪中に手紙や電話をするのも、なんだか気が引けます。

そんなときにおすすめしたいのが「ご進物の線香」を贈ることです。線香は香典の代わりとして、その役目をしっかり果たしてくれるものです。
タイミングを逃して葬儀の参列やお香典の用意ができないとき、ご進物の線香ならあなたのお悔やみの気持ちを十分に伝えることができるはずです。

また、香典を貰う側の葬儀のマナーとして気になるのが、「香典返し」ですよね。
香典返しといっても、送る時期や品物ってけっこう悩みますよね。せっかくの気持ちに失礼にあたるような香典返しをしては大変です。

このサイトでは、葬儀に必ず関わってくる「線香」と「香典返し」について紹介していきます。葬儀のマナーを身に付ければ、この先も必ず役に立ちます。ぜひ、参考にしてみてください。

イチ押しリンク

葬儀業者を選ぶ時は東京で│セレモニーユニオン
千葉で人気の葬儀業者│想送支援サポートケア リオル
墓石の選び方をチェックするなら<墓石購入サイトランキング>
葬儀費用はリーズナブルがありがたいです|適正な葬儀費用で式を行う方法
香典返しを選ぶなら|ギフトマン

カテゴリー
  • カテゴリーなし