葬儀の準備は抜かりなく|家族でひっそり家族葬

葬式

質の良い墓石

葬儀

墓石の購入を考えているのであれば、まずは業者に依頼するのが一般的となる。素材については種類が豊富となり、費用も大きく変化するはずだ。納得する質と価格を見極めていくと良い。

詳細を確認する

仏壇の存在意義

女性

仏壇は、一家にひとつの祭壇である。そう言っていい。祭壇というのは、宗教的な意味を持つ「まつる」ための設備である。たとえば、仏教の中心にあるのは「仏」への信仰であり、仏教の祭壇はこれを祀る。寺院に仏像があり、本堂に巨大な祭壇が設けられているのはそれが理由なのである。寺院に大きな祭壇があり、仏像が設置されているように、家庭にはこの壇がある。日本家屋のスタンダードな造りでは、これを設置するための「仏間」もあった。現在日本の住宅建築では、洋風のものも多いから必ずしもスタンダードなものではないが。仏壇は、観音開きと呼ばれる扉の奥に設えられた、本尊や位牌で構成されている。本尊とは、仏の姿を像や絵画で表現したものである。位牌は、この家庭用の祭壇が祀るもうひとつのもの――家の先祖を祀るためのものである。これらが中心となり、お参りのためのこまごまとした道具が正面に並ぶ。これが、大まかな姿である。

仏壇はなぜ存在しているのか。上に書いたように、その目的のひとつは家庭用の祭壇として、仏や家の先祖を祀るためである。宗教的な祭日や、そこで祀る家の先祖や家族の命日などには、観音開きの扉をひらき、線香を立てて鈴を鳴らし、手を合わせてお参りをする。もうひとつは、宗教的な目的とは微妙にずれたところにある、「亡くなった人との対話のため」という目的である。人は亡くなると、各々の葬儀を済ませて最終的には火葬に付し、墓に埋葬することになる。葬儀の方法にも種類は多い。墓もまた宗教的な施設であると言えるが、同時に遺体が収まっている墓やその人が祀ってある仏壇は、死者そのものでもあると捉えられる。つまり、家族が亡くなった人にとって、それらの設備や施設は、心の拠り所としての機能を持つのである。このように、何かに亡くなった人の存在を託すことをグリーフケアという。家族が亡くなった悲しみをケアする、そんな役割も持っているのである。

樹木に埋める

花

故人の遺骨は墓石に、というイメージが強かった時代は過ぎ去り、近頃では樹木葬も人気がある。樹木のすぐ傍に遺骨を埋めるという方法であり、花が咲く樹木に注目が集まっている。

詳細を確認する

ゆったりとした時間

花

最近では一般的となっている家族葬ですが、親しい人だけでひっそりと行えることに注目が集まっているようだ。必然的に小さな葬儀となる為、費用も抑えられる。ゆったりとした時間の中で故人とのお別れが出来る。

詳細を確認する